勤怠管理、労働基準法に関する知識や役に立つ情報をお届けするキンクラコラム

キンクラコラム

労働基準法と今後の法改正について

労働条件の最低基準を定める法律として労働基準法があります。この法律は労働者を1人でも雇入れた際には強制的に課される法律で、最低基準を

2022.04.15
キンクラコラム

勤怠管理とは?コロナ禍における適切な管理方法について伝授

勤怠管理は、会社の規模や業種にかかわらず、会社内で必ず行わなければならないものです。ワーク・ライフ・バランスや働き方改革、そして新型コロナウイルス感染症流行拡大の影響により

2022.04.15
キンクラコラム

勤怠管理システムを導入したい!メリットや気をつけることとは

ワーク・ライフ・バランスや働き方改革の流れを受け、雇用形態が多様化し、社員それぞれの状況に適した形で働くことのできる環境づくりが求められるようになりました。さらに、新型コロナウイルスの流行を受け、自粛要請に伴い在宅勤務を強いられることになった企業も多いことでしょう。

2022.04.15
キンクラコラム

働き方改革関連法による改正で何が変わったのか?残業時間の規制などを解説

「働き方改革」という言葉を一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。ワーク・ライフ・バランスや多様で柔軟性のある働き方を実現するため、

2022.04.15
キンクラコラム

所定労働時間とは?法定労働時間との違いや残業代の計算はどうなる?

昨今では、長時間労働にまつわる問題が深刻化していることを受け、国はワーク・ライフ・バランスや働き方改革などの対策法を広く推奨しています。この影響を受け、各会社に対しても社員の労働時間の正しい管理についても厳しい管理体制を敷くこと

2022.04.15
キンクラコラム

通常の労働時間制(固定労働時間制度)と変形労働時間制について

通常の労働時間制、フレックスタイム制、裁量労働制など、我が国には働き方の多様化に対応した変則的な労働時間制が複数設けられています。どの制度を活用することでメリットの最大化を図ることができるかは、前提としておさえておくべき論点が明確化されていることで正しい選択が可能となります

2022.04.15
キンクラコラム

働き方の定番?通常の労働時間制(固定労働時間制度)について詳しく解説

現在の日本での働き方は月曜日から金曜日まで同じ時間帯に働く働き方(固定労働時間制、以下通常の労働時間制)が多く採用されています。

2022.04.15
キンクラコラム

多様な働き方、変形労働時間制とは?採用するメリットとは

働き方改革により時間、場所、契約形態の多様化が促進され、一部のエッセンシャルワーカーを除き、「顔が見えない」中での労務管理も一

2022.04.15
キンクラコラム

テレワークと通常時の勤怠管理、それぞれ気を付けることとは?

新型コロナウイルス感染拡大防止の観点からテレワークの定着が一気に加速しました。しかし、テレワーク一択というわけにはいかず、通常の対面業務とのハイブリッド型

2022.04.15
キンクラコラム

裁量労働制とは?通常労働とはどう違う?

一般的な固定労働時間制とは異なる制度として「裁量労働制」があります。新入社員からベテラン社員まで画一的に導入することは困難ですが、

2022.04.15
キンクラコラム

就業時間とは?労働時間や勤務時間との違いや正しい計算方法を解説

近年、働き方の見直しを行う動きが活性化しています。そのうえで就業時間や労働時間など、ルールをしっかりと理解することが必須となります。

2022.04.15
キンクラコラム

有給休暇の算出に必要!出勤率について詳しく解説

有給休暇を付与するにあたって法律上避けて通ることが出来ない部分として「出勤率」の問題があります。これは端的には労働者がどれだけ会社に対して労働力を

2022.04.15
キンクラコラム

36協定とは?「知らなかった」では済まされない、押さえておきたい基礎知識を解説!

社会には様々な業種があり、業務内容等会社によって多様です。ですが、ほとんどの企業では繁忙期など、通常の労働時間では業務が間に合わない場合に「残業(時間外労働)」

2022.04.15
キンクラコラム

客先常駐での労働時間管理や36協定はどっちが適用?

IT業界では比較的一般的とされる客先常駐ですが、雇用契約を交わしている会社で勤務する通常の社員とは働き方が異なるため、労務管理をどのように

2022.04.15
キンクラコラム

管理監督者とは?管理職との違いや時間外労働など一般社員と異なる注意点

社員の労働時間に関する問題は、これまでにもさまざまな形で労使トラブルが相次ぎ、社会問題化し続けて久しい状況にあります。このような中、法改正によ

2022.04.15
キンクラコラム

常駐先企業と自社の就業規則が違う場合にどっちが適用されるか?

所属先の企業とは別の場所で働く客先常駐社員の場合、所属先・常駐先のどちらの会社のルールに従うべきなのか、迷うケースが多くみられるのが現状です

2022.04.15
キンクラコラム

法定休日とは?法定外休日との違いなどを解説

会社にとって、そして会社で働く社員にとって、最も重要な雇用に関する内容に「休日」が挙げられます。社員には一定の頻度で休日を与えなければならない

2022.04.15
キンクラコラム

フレックスタイム制とは?活用方法と留意点を解説!

働き方改革の施行により多様な働き方が推進されています。子の養育や親の介護と並行して職業生活を営むことに対する社会的な要請は今後益々増えてくるもの

2022.04.15
キンクラコラム

スーパーフレックス制度とは?自由度の高い働き方、メリットデメリットを解説します。

働き方改革の施行以降、通常の固定労働時間制だけでなく、多様な働き方が注目されています。多様な働き方の目的の一つとして労働者の職業生活と家庭生活と

2022.04.15
キンクラコラム

連勤は何日まで可能?~法律で定められた日数や問題点を解説!

1週間7日という概念はどの事業所であっても変わることはありませんが、連続勤務(以下、連勤)については各事業所によって頻度や程度の差があります。

2022.04.15
キンクラコラム

有給休暇とは?付与される条件や日数について

日本の労働法制上、休暇に対して賃金支払いが義務付けられているものは労働基準法で規定されている年次有給休暇のみです。例えば育児介護休業法で規定されている

2022.04.15
キンクラコラム

有給休暇の取得義務化!必要となる企業の対応内容やポイントとは

2019年より「有給休暇の取得義務化」が施行されたことで、各企業は社員が安心して有給休暇を取得できるような環境づくりが急務とされています。

2022.04.15
キンクラコラム

アルバイトやパートタイムでも有給は取れる!条件や日数などは?

従業員を雇用する際に、避けて通ることが出来ない法律に労働基準法があります。そして、労働者としても注目が集まる部分として有給休暇が

2022.04.15
キンクラコラム

時間有給と半休について、基本知識を解説します!

会社で働く労働者にとっても注目度の高い制度の一つに有給休暇が挙げられます。有給休暇は本来、暦日を単位として取得することが原則とされていますが、

2022.04.15
キンクラコラム

時間単位有給導入のポイント

有給休暇の本来の趣旨は賃金支払いが保障された状態で心身のリフレッシュを図り、更なる就労意欲の向上にあると考えます。しかし、業種によっては有給休暇

2022.04.15
キンクラコラム

特別休暇とは?種類や他の休暇との違い、扱いについて解説します

労働基準法で定める年次有給休暇は労働法制上唯一賃金支払い義務を課しており、賃金を支払わないという選択肢はありません。近年、労働基準法で定める

2022.04.15
キンクラコラム

そもそも残業とは?時間外労働との違いや気になる上限時間について解説

仕事には、残業がつきものといっても過言ではないでしょう。しかし、残業にまつわるさまざまな労使トラブルは後を絶たず、深刻な社会問題化していることも

2022.04.15
キンクラコラム

みなし残業とはどのような制度?みなし労働時間制との違いやメリット・注意点

残業時間に関するトラブルは後を絶たず、依然として社会問題化しています。しかし、社員の残業時間の把握や残業代の計算作業は正確性が必要とされ、時間が

2022.04.15
キンクラコラム

中小企業も対象?時間外労働の上限時間や割増賃金率の引き上げに注意!

長時間労働問題に対応するため、昨今では時間外労働に関するさまざまな法改正が行われています。特に時間外労働の上限時間や、割増賃金率の引き上げについては、

2022.04.15
キンクラコラム

試用期間中に残業は出来るの?残業代など解説!

本採用を行う前に試用期間を設けることは一般的に用いられている労務管理手法ですが、試用期間中に残業を命じても問題ないかという疑問が生じます。試用期間前後を

2022.04.15
キンクラコラム

深夜労働とはそもそも何?時間帯や割増賃金、制限の対象を解説

長時間労働が問題視されている中、削減が求められている内容の一つに「深夜労働」が挙げられます。深夜労働は、夜間という一般的には休息時間に充てる者

2022.07.28
キンクラコラム

労働基準法における休憩時間のルールを解説!

労働者から一定時間以上労務の提供を受けるにあたっては、健康への配慮や労働生産性の向上のためにも労働時間の途中に休憩を設けなければなりません。休憩

2022.08.10

おすすめ

キンクラコラム

勤怠管理システムを導入したい!メリットや気をつけることとは

ワーク・ライフ・バランスや働き方改革の流れを受け、雇用形態が多様化し、社員それぞれの状況に適した形で働くことのできる環境づくりが求められるようになりました。さらに、新型コロナウイルスの流行を受け、自粛要請に伴い在宅勤務を強いられることになった企業も多いことでしょう。

2022.04.15
キンクラコラム

通常の労働時間制(固定労働時間制度)と変形労働時間制について

通常の労働時間制、フレックスタイム制、裁量労働制など、我が国には働き方の多様化に対応した変則的な労働時間制が複数設けられています。どの制度を活用することでメリットの最大化を図ることができるかは、前提としておさえておくべき論点が明確化されていることで正しい選択が可能となります

2022.04.15
キンクラコラム

就業時間とは?労働時間や勤務時間との違いや正しい計算方法を解説

近年、働き方の見直しを行う動きが活性化しています。そのうえで就業時間や労働時間など、ルールをしっかりと理解することが必須となります。

2022.04.15